作者からのメッセージ

「はじまりにあたって」きりえや 高木 亮/高木 智子

スナバンは砂場のナマハゲである。
どの砂場にもいる、精霊のような、守り神のようなものである。

その存在は、生まれながらのヒーローである。
ヒーローに必要なものとは何か。
理屈か? 否。
悪の組織か? 否。
悲愴感か? 否。
イケメンか? 否。否。
それはただ一つ、正義である。

正義とは何か。
守るべきものとは何か。
スナバンは、己の信じるもののため、命をかけ全身でぶつかってゆく。
強い、弱いはカンケーないのである。
あと大きさも。

どこの砂場にもいるヒーロー。
ひょっとしてあなたも、もうすでに会っているかもしれない―。

作家情報

きりえや公式サイト

2010.1.13更新

きりえや高木亮プロフィール

きりえ作家。

1971年 香川県高松市生まれ。神奈川県川崎市在住。

1992年ごろより独学にてきりえ制作を開始。その後「きりえや」としての活動を開始。

ポストカード、カレンダー、いろはかるた、ブックカバーなど「かわいくて、おかしくて、ちょっとだけ寂しい」オリジナル作品で注目を集めている。
まんがライフ誌で「ティックの冒険」を不定期連載中。